購入当時は、何もかもあんなに奇麗だったマイホームも、既に20年近くの時が流れ、見る影もなくなってしまいました。

我が家の他人には見せられない部分
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気記事ランキング
我が家の他人には見せられない部分

購入当時は

● 男性 62歳
購入当時は、何もかもあんなに奇麗だったマイホームも、既に20年近くの時が流れ、見る影もなくなってしまいました。
とは言え、家の外観に関しては、ご近所からも見えるということで、定期的にリフォームを行っています。

ただし問題なのが、家の内部なのです。
基本的に我が家には、あまり来客がありません。そういった事情から、ついつい掃除や壊れた箇所の修理を先延ばしにしてしまう習慣が身についてしまいました。
それでも万が一の時の為に、一階部分のお客様をお通しするリビングやそこから見える部分については、それなりに奇麗に保つようにしています。
つまり問題なのは、二階部分なのです。
子供が独り立ちしたということもあって、滅多に二階に足を運ばなくなると比例するかのように、掃除をする回数も減ってしまいました。
目に見えなければそれを気にする必要もなく、私も妻も、現状では見て見ぬ振りをしてしまっているのです。

そんな状況でたまに帰ってきた息子からは、その酷い有様に対して注意されてしまうのですが、それでも掃除をするのはその時だけで、またいつものように目を背ける生活に戻ってしまいます。もし親戚が遊びに来たら、しかも泊まるようなことでもあれば、それこそ夫婦二人で大掃除に取り掛かることになるでしょう。
共働きということで、忙しさにかまけてきたこの醜態は、決して人様に見せられない、そんな一番の恥ずかしい部分となっています。

我が家の他人には見せられない部分というと、屋根裏部屋です

● 女性 33歳
我が家の他人には見せられない部分というと、屋根裏部屋です。
屋根裏部屋には、子供の使わなくなったベビーシートやベビーベッドなどの赤ちゃんのときのグッズ、小さい頃の子どもたちが作った作品、小さくなった洋服や遊ばなくなったおもちゃ、シーズンオフの衣服、そしてキャンプグッズなど、所狭しと置いてあります。
ちゃんと整理すれば別に見られてもかまわないのですが、屋根裏部屋は暗くて狭いのであんまり長居したくないと、適当においておくのでまるでカオス状態です。
必要なものをちゃんと整理しておいておかないと、必要な時にすぐに見つからないよ!と子供には目くじら立てて整頓を促すのに、自分だってできていないじゃないかと反省はするのだけど、あまりにカオス過ぎて手をつけるのもなかなかできないままです。

ここは絶対に人には見せられない部分ということで、子供にもお友達が遊びに来ても探検で行かないようにときつく言い渡してあります。いつかはちゃんと整理したいと思っています。

イチオシサイト



Copyright(c) 2014 我が家の他人には見せられない部分 All Rights Reserved.